現在のページはトップの中のワインの開け方のページです。

ワインの開け方 How to Open a Wine Bottle

ここでは3種類の開栓方法をご紹介します。

  • スクリューキャップの簡単な開け方
  • スティルワインの開け方
  • スパークリングワインの上手な開け方

スクリューキャップの簡単な開け方 Easy Way to Open Screw Cap Wine

  1. 瓶の上と下をしっかり握ります。

    瓶の上と下を
    しっかり握ります。
    一方の手でスクリューキャップの首部分をしっかり握り、もう一方の手でボトルの底部分を持ちます。
    ※ハサミやカッターなどの道具は、絶対に使用しないで下さい。
  2. 上を固定し、瓶底を回します。

    上を固定し、
    瓶底を回します。
    スクリューキャップを持った手を固定し、瓶底を持った手で瓶を時計回りに回します。
  3. 「カチッ」と音がしたら外れます。

    「カチッ」と音がしたら
    外れます。
    「カチッ」と音がしてミシン目が切れたら、スクリューキャップを回して外します。
  4. ×

    ×
    ミシン目の上部分だけを持つと開けにくいので、片方の手は必ず瓶底をお持ち下さい。スクリューキャップを開ける時、道具は必要ありません。
    ※ハサミやカッターなどの道具は、絶対に使用しないで下さい。
 

スティルワインの開け方(ソムリエナイフを使用する場合) How to Open a Bottle of Still Wine

  1. コルクを覆うキャップシールに切れ目を入れ、はがします。

    コルクを覆うキャップシール
    に切れ目を入れ、はがします。
    この際、ボトルは回転させず、ソムリエナイフを回します。切れ目を入れる場所は、出っ張り部分の下が好ましいです。ワインを注ぐとき、キャップシールがジャマになりません。
  2. らせん部分をコルクに刺します。

    らせん部分を
    コルクに刺します。
    ナイフ部分を閉じ(写真の状態にし)、らせんの先端がコルク面に対し垂直になるように、コルクの中心に差し込みます。ゆっくりと回し、差し込んでいきますが、突き抜けないようにします。目安はらせん部分がひと回り程度残るのがgood!
  3. コルクを抜きます。

    コルクを抜きます。
    フックの凹み部分を瓶口にあて、テコの原理を使ってグリップ部分をまっすぐ上に持ち上げます。そのまま一気に抜くとコルクがちぎれる可能性があるため、数ミリを残し、最後は手でゆっくり引き上げます。
    ※コルクにカビが付着している場合がありますが、これは保存状態が良い場合に発生します。良いワインの証拠ですので、ふき取って下さい。
  4. ソムリエナイフ ミニ・ナイフ付きオープナー。テコやスクリューの止め部分は、使っていくと緩くなっていくので、購入時は堅く開きづらいくらいの物を選ぶと良いです。
 

スパークリングワインの上手な開け方 How to Properly Open a Bottle of Sparkling Wine

  1. キャップシールを取ります。

    キャップシールを取ります。
    栓を覆っているキャップシールをキリトリ線に沿って取り外します。
  2. 針金をゆるめます。

    針金をゆるめます。
    キャップが飛び出さないように、上部を指で押さえながら、針金をゆるめます。
    ※内部の圧力で突然コルクが飛び出す場合がありますので、必ず指で押さえてください。
  3. 栓を抜きます。

    栓を抜きます。
    コルク(栓)を片手で押さえながら、もう片方の手でボトル底部分を持って、ボトルを回します。(この際、栓は回しません)栓が瓶中のガス圧で持ち上がってきますので、栓を押さえつけるようにして静かに抜いていきます。
  4. 注意事項

    1. (1)瓶口は絶対に他人やこわれ物の方に向けないで下さい。
    2. (2)開ける前にボトルはゆすらないでください。
      ⇒ ゆすってしまった場合、10分くらい置いてから開栓してください。
    3. (3)開ける前に十分冷やしてください。
      ⇒ 冷えてないと、開栓した瞬間に中身が噴出す場合があります。
    4. (4)ハサミやカッターなどの道具は絶対に使用しないで下さい。
    5. (5)音を立てないで開栓してください。
      ⇒ コツは、ボトルを斜めにし中の空気を少しづつ外に逃がしながら開けてください。
 

PAGE UP