現在のページはトップの中のソリューションの中のロジスティクスのページです。

ロジスティクス

ロジスティクス部門では、食品流通のトップランナーとして"物流と情報が一体となったソリューション"を提供します。
物流に求められる効率化やコストダウン、品質精度をより一層レベルアップさせることはもちろん、流通の全体最適化を目指し、従来の中間流通業の枠組みを超えた領域である、店舗オペレーション改善支援やメーカー様との物流連携、複合型物流センターの構築などの取り組みを行っています。

時代とともに進化を続けるロジスティクスの多彩な機能で食品流通を最適化

営業・物流拠点分離型センターの構築
小売業様への対応強化~物流拠点の充足。国内各エリアに卸在庫・配送センターを設置・整備。

RDC-FDCネットワークの構築
小分け専用センター(RDC)を全国展開し、FDC間との物流ネットワーク整備。

特定顧客特化型センター(一括物流)の構築
店舗納品サービスレベル強化~SDC設置。高度機械化設備を導入した得意先様専用センター(SDC)を展開。

複合・総合型センターの構築
製配販間の流通最適化と複合型物流の構築へ。汎用・専用・多温度帯・プロセスセンター等の複合型DCを展望。

流通最適化

従来の一括物流の取り組みについては、物流センターの機能向上による店舗バックヤード業務効率化の支援を命題に、自動倉庫やデジタルピッキングシステム等高度機械化設備を導入し、物流品質・精度・生産性の向上、同時に納品リードタイム圧縮やカテゴリー別・店舗通路別納品の実現をしてきました。現在、少子高齢化・労働人口減少をはじめとした時代の変遷に従い、従来の枠組みを超えた物流の改革が求められています。
この時流に対応するため、当社のロジスティクス機能は卸売業のロジスティクスの範疇に留まらず、製造物流から店舗内物流まで含めた「流通最適化」を図ることで「物流と情報が一体となったソリューションの提供」の実現を目指しています。

全国物流拠点ネットワーク

小売業様、メーカー様を支援する、三菱食品のロジスティクスソリューション

PC・CK一体型物流センター

小売業様は従来バックヤードで店内加工を行っていましたが、現在は労働生産性の改善を目的としてプロセスセンター(PC=畜産・水産・農産加工)やセントラルキッチン(CK=惣菜製造)を構築するケースが増えています。
当社では、これらの機能構築を行う際の小売業様へのPC/CKのエンジニアリングを開始しており、併設される低温帯物流センターの運用や機能連携を絡めた全体設計を行うことで、小売業様を積極的に支援していきます。

製造物流の再構築

日本型サプライチェーンにおいては、二次物流領域(製造工場~ストック~卸へのデリバリー)をメーカーが担っていました。この分野に対し、卸売業として磨いてきた需給コントロール機能を活用し、合理的な物流運用提案および物流業務受託を2013年度より開始しました。
国内300拠点を越える物流ネットワークを武器に、サプライチェーン全体でのロジスティクスの最適化を目指していきます。

店舗オペレーション改善支援

商品加工作業、陳列・品出し作業、在庫管理・発注作業など、店舗のオペレーション業務は多くの作業工数を必要とし、人手不足も深刻な課題となっています。これらの業務に対する最適手法はチェーンストアオペレーションとして体系化されており、当社はこのノウハウ(生鮮部門、デリカ部門、グロサリー部門、レジ部門、店舗管理)を取得し、競争力のある売場を適正なマンアワーで実現する支援を実施。モデル店舗でのクリニック活動を中心に現場作業改善を展開しています。

PAGE UP