CSR

現在のページはトップの中のCSRのページです。

CSR 方針

企業理念

食の安全・安心・豊かさ、共に育む社会をめざして。

豊かで安心して暮らせる毎日がずっと続くように。 この地球がずっと住み良い環境であるように。
それが、食と暮らしの明日を創る中核企業としての私たちの願いです。人、社会、地球、企業との絆を築きながら、持続可能な世界のためのさまざまな貢献活動を展開。ともに幸せで豊かになれる社会をめざしていきます。

「全員CSR」の心で。

社員ひとりひとりが、自ら関わるステークホルダーとその責任を明確に自覚し活動していくこと。
社会や環境とのつながりを感じながら、自分たちだからこそできる取り組みを実行していくこと。
三菱食品のCSRは、社員全員が総がかりで取り組むCSRです。

重点活動テーマ

物流負荷軽減と食の循環システムへの挑戦
食品流通というビジネスが直面するあらゆる環境負荷の軽減をテーマに、
物流過程で排出されるCO2の削減、流通過程で発生する食品廃棄物のリサイクルなどを推進していきます。
また、豊かな食を育む自然環境の保護にも力を注いでいきます。
食の安全・安心、安定供給へのあくなき追求
生産現場における食の安全性の啓蒙やサポート活動、非常時における食の安定供給のシステムづくりなどを通じて、すべての人にとって最も重要な生活基盤である食の安全・安心と安定供給を守ります。
日本と世界の食文化と地域活性への貢献
日本や世界各地域の豊かな食文化を育み支援していくことを通じて、すべての人が毎日おいしく食べ、楽しく健康に暮らしていける環境づくりに貢献します。
ひとりひとりが意識をもって取り組むボランティア活動
地域の環境美化活動や途上国の子供支援など、社員ひとりひとりの自主的なボランティア活動への支援を積極的に行なっていきます。

三菱食品が担うステークホルダーへの貢献価値

ステークホルダーの皆様とのコミュニケーションを通じて寄せられる期待や要請。それが、私たち三菱食品の使命の礎であり、活動の原動力です。そこから、自らが担う責任をしっかりと認識し、私たちだからこそできる取り組みを通じて、人々の生活や社会、地球環境、そして食品業界が抱えるさまざまな課題の解決に貢献していきます。

PAGE UP